ドコモ大好き

ドコモが大好き!ドコモの新しいサービスやキャンペーンが楽しみな毎日。おトク情報や注意事項を皆様へご紹介します。どうぞ宜しくお願い致します

iPhone 14 9月16日(金)明日発売! 機種変更 する? しない? 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは ドコモ大好き 30年です

 

今回は、iPhone 14 発売へ

機種変更する、しない?

 

 

そんな迷っている人へ、

参考にして頂きたい内容となっています

 

 

 

 

 

 

 

 

かんたんな自己紹介

 

わたしは

ドコモを利用して30年

 

いまは、

ガラケー(2つ折りケータイ)と

スマホの、2代持ちして

使ってます

 

 

ドコモの

新商品はもちろん

 

 

ドコモの

新しいサービス

新しいプラン

割引サービスなど

 

 

キャンペーンを調べたり

試したり、体験することに興味があり

 

 

みなさまへ

その内容や、体験したことを

ご紹介させていただきたい!

 

そして

参考にしていただきたい

 

と、思い

日々のブログ を書いています

 

ずーっと

ドコモを利用してきた

私だからこそ

 

 

ドコモのサービスで

気づいた点、気になる点、

そして、みなさまが、おトクになること

 

 

知っていてほしいこと、

参考にしてほしいことをお伝えしたく

 

まいにち更新を

目指していますので、

 

 

みなさま

ぜひ、よろしくお願い致します

 

 

 

それでは、さっそく

今日もがんばって、いきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone 14 キャリア 最安 価格

 

 

 

 

 

画面の小さい、mini モデルがなくなった


 

 

iPhone 14シリーズでは、画面サイズの小さなminiモデルがなくなり

6.7インチ 「iPhone 14 Plus」が追加されます

 

 

 

 

 

 

 

通常・プロ・画面の大きいPlusモデル


 

 

6.1インチのスタンダードモデル

iPhone 14」

 

6.7インチのスタンダードモデル

iPhone 14 Plus」

 

6.1インチのプロモデル    

iPhone 14 Pro」

 

6.7インチのプロモデル

iPhone 14 Pro Max」

 

 

 

 

 

 

 

容量の種類は、通常とプロモデルで違う


 

 

通常モデルは 

128GB 256GB 512GB

 

Proモデルは 

128GB 256GB 512GB 1TB

 

 

 

 

 

 

 

プロモデルのみ、GPS測位性能が向上する


 

 

プロモデルでは、

GPS機能が、高精度な「高精度2周波GPS」に対応する

 

その結果、ビルの影や、

森の中などでの測位性能が向上します

 

 

 

 

iPhone(アイフォン) 14 Pro/Pro Maxのまとめ

 

 

 

 

 

 

ケータイ各社とAppleでは価格が違う


 

 

シンプルに、一括払いなら

Apple Storeが一番安い

 

 

 

ドコモ・auソフトバンク楽天の中では、

楽天モバイルが一番安い

 

 

 

 

 

 

 

iPhone 14

 

 

 

シンプルに一括払いで買うなら

Apple が一番安く、かつ

わかりやすく買えます

 

 

ケータイ各社は、それぞれ独自の割引

施策・キャンペーンがあり

他社より安くみせる努力をしています

 

それが、わずかな金額の違いだったり、

細かい条件があったりするので

 

人によっては、分かりづらく

めんどくさくいと、感じる人もいるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone 14 アップル ソフトバンク au 楽天モバイル ドコモ
128GB 119,800円 140,400円 140,640円 131,800円 138,930円
256GB 134,800円 161,280円 161,770円 148,800円 161,480円
512GB 164,800円 201,600円 201,925円 181,800円 201,740

 

 

 

iPhone 14 Pro アップル ソフトバンク au 楽天モバイル ドコモ
128GB 149,800円 175,680円 175,860円 164,800円 174,130円
256GB 164,800円 201,600円 201,925円 181,800円 198,880円
512GB 194,800円 238,320円 238,555円 214,800円 238,480円
1TB 224,800円 275,040円 275,415円 247,800円 275,220円

 

 

 

ほんとにこれ

高級ブランド品です

 

 

 

円安の影響が大きいのかもしれませんが

値上が感、ありますね

 

換算レートの違い

 

 

去年のPhone 13(128GB)が発表された時は

9万8800円 

 112円41銭というレート で換算

 

 

今年の、iPhone 14(128GB)は

11万9800円

136円39銭というレート換算

 

 

これは、あくまで推察イメージですが

この差は、大きいですよね

 



 

 

 

 

 

 

結局乗り換えが一番安く買える


 

 

 

 

 

ドコモに、乗り換える場合

 

iPhone 14の販売価格

  • 128GB(MNP
    端末価格:13万8930円-2万2000円割引11万6930円
  •  
  • 分割払い:2073円×23回+6万9240円

  • 23カ月目で、端末返却時の実質負担額 : 4万7690円
    12カ月目で、端末返却時の実質負担額 : 3万7790円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

docomo-wifi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

充電はこれまでと同じLightningケーブル


 

充電、データ通信の端子は変わらないので

買う必要がありません

 

そして引き続き、MagSafeに対応

接触型充電ができます

 

 

 

 

 

 

衝突事故検出機能は14シリーズ標準装備


 

 

 

新機能、衝突事故検出機能が搭載

自動車に乗っているときに

衝突や横転といった事故が起きたとき、それを検知し

無操作時間が続くと自動で通報してくれます

 

 

  • 高重力加速度センサー
  • ジャイロ(回転)
  • 気圧センサー(エアバッグ作動を検知)
  • 音(衝突音)

 

 

いろんなセンサーがあり、衝突実験のデータを元に、

ユーザーが交通事故に遭ったことを理解し、自動で通報してくれます

 

 

 

 

 

 

 

アメリカとカナダのみ衛星通信ができる


 

 

アメリカと、カナダのみ、11月からサービス開始

衛星通信機能を内蔵して緊急通報に使える

 

 

高度数百キロを周回する低軌道衛星を使い、

専用の通報中継センターに対して

専用の短いメッセージを送るという緊急通報に特化した機能

 

 

音声通話やデータ通信はできず

15秒以内に接続してメッセージを送ることができる。

 

 



 

 

 

プロモデルでカメラとプロセッサが向上


 

 

iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro Max

は、ディスプレイのサイズが違うだけで、

基本的なスペックは同じです

 

 

 

iPhoneとして初めて、常時表示に対応

 

 

これにより、時刻や、

iOS 16で追加されるウィジェットなどを

無操作状態でも確認できます

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントカメラがダイナミックアイランド


 

フロントカメラ部分を

「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」という呼称へ

 

 

ここに表示する通知ダイアログや

バックグラウンドアプリは、

サードパーティ製アプリでも利用できるようになった

 

 

 

 

フロントカメラが強化されて、

レンズの明るさが、f/2.2からf/1.9へとわずかに向上

オートフォーカスにも対応

 

 

 

 

 

 

 

 

ディスプレイの解像度と明るさが向上


 

 

ディスプレイの大きさは同じ、

解像度がやや向上

 

 

iPhone 14 Proは、6.1インチで 2556×1179ピクセル

iPhone 14 Pro Maxは、6.7インチで 2796×1290ピクセル

 

 

ディスプレイの明るさが向上

 

iPhone 13シリーズではピーク輝度が1200ニト

iPhone 14 Proでは1600ニトとなり、

 

屋外では、非HDR2000ニトにまでブーストをかけられる

 

 

 

 

 

 

 

プロセッサーが向上


 

 

プロセッサーには

新世代のA16 Bionicを搭載

 

 

iPhone 14シリーズでは、

スタンダードモデルは、前世代のA15 Bionicを搭載する

 

 

 

 

 

 

 

 

13と14ではサイズが変わる


 

本体のデザインは

iPhone 13と14は、ほぼ同じ

 

 

サイズはやや変更されたので

 

13と、

同じ保護ケースは、使えない

 

 

 

 

 

 

 

iPhone 14 Proは縦の長さと厚みが増えた

147.5×71.5×7.85mmで重さは206g

 

 

iPhone 14 Pro Maxは高さが0.1mm、幅が0.5mm縮み、厚みは増えた

160.7×77.6×7.85mmで重さは240g

 

 

 

 

普通モデルのプロセッサーはほぼ変化なし


 

 

 

スタンダードモデルのiPhone 14とiPhone 14 Plusは、

プロセッサにはiPhone 13シリーズと同じ世代

 

6コアCPU、5コアGPU、16コアNeural Engine搭載

A15 Bionicを採用

 

 

 

 

プロと、普通モデルでは素材が違う


 

 

スタンダードモデルは、アルミ合金フレーム

Proモデルは、ステンレス・スチールフレームを採用

 

Proモデルの方が、重たい

 

 

 

 

iPhone 14 Plus は10月7日発売


 

 

iPhone 14 Plus は 10月7日に発売

iPhone 14 Pro Max は、9月16日に発売です

 

 

 

 

 

docomo-wifi.hatenablog.com

 

 

 

docomo-wifi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いらないオプション契約

ありませんか?


 

 

使ってないサービスに、

料金を払ってる?そんな人、意外に多いです

 

 

ドコモの必要、最低限プランは?

ギガライトプラン

 

1ギガ利用で、月額3、465円

 

 

これ以上、支払っているあなた!

何かのオプション契約があるか?

 

プランが合っていない場合がありますよー

 

 

 

ドコモの、オンライン手続きサイトはこちらです

 

My docomo | NTTドコモ

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

docomo-wifi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり

ドコモでよかったです

 

ご訪問

ありがとうございました

 

ドコモ大好き

30年 でした

 

それでは、また

 

 

 

 

 

 

 

液晶保護フィルム


 

 

 

 

 


iVoler iPhone14 ガラスフィルム(3枚)+iPhone 14 カメラフィルム(3枚)【旭硝子素材製】iPhone 14用 ガラスフィルム 強化ガラス 液晶保護フィルム iPhone 14 フィルム ガイド枠付き 99%高透過率 自动吸着 全面保護 6.1インチ対応 貼り付けやすい/硬度9H/高透過率/飛散防止/気泡防止/3Dタッチ対応/指紋防止/ケースに干渉しない

 

 

 

 

 


iPhone14 ガラスフィルム 保護フィルム フィルム 10H ガラスザムライ アイフォン iPhone 14 液晶保護フィルム OVER`s オーバーズ TP01

 

 

 

 

 


【2枚入】iPhone14 iPhone14Plus iPhone14Pro iPhone14ProMax ガラスフィルム iPhone13 mini iPhone13 Pro 13 Pro Max iPhoneSE3 SE3 第3世代 保護フィルム iPhone ガラスフィルム ブルーライトカット iPhone12 iPhone11 se